小説

きじなごの書いた小説作品です。

すべて世はこともなし

人と妖。彼らが紡ぐ縁と業。

人と妖が共存する現代日本。
鬼が大学で術を教え、天狗が裏社会を牛耳り神隠しを行う。
そんな妖達の生態を最先端の技術で研究する大学、陸陽大学。
そこで妖怪学を学ぶ大学生・アシヤとカガリたちの、少し恐ろしくも鮮やかな日常を描く。
遠い昔に滅びた河童と幼子をめぐる第一部『河童』。
二人の出会いと妖の本質について描く第二部『天邪鬼』。
ある人物の依頼が、この世界の深い闇にまでもつれ込む第三部『烏天狗』。
未熟だが元気溌溂なカガリ。
能力は高いがひねくれ者のアシヤ。
彼らの出会いは、果たしてどんな縁と業を作り上げるのだろうか。

タイトルとURLをコピーしました